ダウンロード


  中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携えた剣士ガッツの復讐の旅を描いたダーク・ファンタジー。題名の『ベルセルク』は北欧神話の狂戦士伝説に由来している。『ヤングアニマル』誌の前身である『月刊アニマルハウス』1989年10月号より不定期に連載開始。その後、ヤングアニマルにて20年以上に渡って長期連載が続く。ただし連載はしばしば休載する事も多く、その期間が年単位に渡ることもある。作者は休載期間中もマンガを描き続け過労に陥るほどの作業を続けており、掲載誌の巻末コメントで自身の体調に関する不安をたびたび述べ、「死ぬまでに頭の中を全て出せるのか」など完結に対する危惧を自ら語っている。
細部に渡って緻密に描き込まれた重厚な画に加え、長大な俯瞰とモブシーンの多用、主要キャラクターの内面と感情的な繋がりを表現するストーリー、壮大な世界観が特徴である。日本国内のみならず海外でも単行本が出版され、世界中でも支持を集めている。2002年には第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞し、2011年時点の単行本の発行部数は、国内累計2400万部、海外累計700万部を記録している。
他メディアへの展開としては、1997年に『剣風伝奇ベルセルク』と題してTVアニメ化(アニメ>テレビアニメ第1作を参照)。コンピューターゲームやトレーディングカードゲーム(#ゲームを参照)、劇場動画、登場人物の立体造形物、登場物品などを含む物品販売などが行われている。2011年、ベルセルクのすべての物語を映像化することを目的とした「ベルセルク・サーガプロジェクト」の一環で『黄金時代編』を3部構成のアニメ映画として製作することが発表され、2012年から2013年にかけて随時公開された(アニメ>アニメ映画を参照)。
映画3部作完結後は暫く動きが無かったが、2015年12月25日の夕刻(日没後)、「アニメ新プロジェクト」が立ち上がり、2016年2月、「TVアニメ」として同年7月から放送を開始する事が発表されている。
 
2016年7月01日スタート
WIKI-ベルセルク




第1話 『竜殺しの大剣』こちらから≫

第2話 『聖鉄鎖騎士団』こちらから≫

第3話 『奇跡の夜』こちらから≫

第4話 『啓示』こちらから≫ 

第5話 『断罪の塔』こちらから≫

第6話 『火あぶりの夜宴』こちらから≫  

第7話 『黒き魔女』こちらから≫

第8話 『魔窟の再会』こちらから≫ 

第9話 『亡者の血流』こちらから≫ 

第10話  『ヘルス・エンジェルス』こちらから≫

第11話 『イデアの影』こちらから≫

第12話 最終回 『すがるもの、もがくもの』こちらから≫